歯科で虫歯を予防~プラークケアで歯周病を防ごう~

患者

虫歯を予防しよう

笑う女の人

虫歯を予防するための方法の一つが歯磨きです。歯磨きで歯垢を除去することにより、虫歯をある程度防ぐことができますが、どうしても歯磨きだけでは予防できないこともあります。特に歯磨きだけでは歯垢を除できないこともあるのです。理由には歯ブラシが歯垢まで届かない部分があることが挙げられます。それが歯間です。歯間は特に歯垢が溜まりやすい部分でありながらも、歯ブラシの毛先が歯垢に届きにいため、どうしても歯垢が残りやすいのです。このため、歯間に溜まった歯垢が原因で虫歯になる人も少なくありません。そのような時は歯科でデンタルフロスの活用方法を教えてもらうのも一つの方法です。デンタルフロスというと聞き流れてない言葉に感じる人もいるでしょうが、このデンタルフロスを活用することで歯間の歯垢を除去することができるのです。

特に歯科ではその人にあったデンタルフロスを使って歯垢を除去してくれます。ワックスなどがついた、滑りのいいデンタルフロスなども活用してくれるため、一度歯科でその効果を試したあとに自宅で使ってみるのも一つの方法です。ただ、デンタルフロスの使い方を間違えると歯垢を取り除くことができないだけではなく口内を傷つける恐れもあるため気をつけておきましょう。歯科でデンタルフロスを行うことで歯周病になっているかどうかチェックすることも可能です。歯周病なら、一度歯科でプラークコントロールを行ってもらうのも一つの方法です。デンタルフロスの役割を把握しておきましょう。